特定非営利活動法人 宇宙船地球号
http://www.ets-org.jp/
【団体理念・設立目的】
本当に意味のある国際協力とはどんなやり方であろうか?世界70カ国を訪れ、様々な国々で行われている国際協力を見てきた(宇宙船地球号の創設者)山本敏晴は、その現状に大きな疑問を抱いた。途上国の人にお金を渡しても使ってしまえば何も残らない。医師が途上国へ行き医療を行って来ても結局日本に帰ってしまえば、その国は再び医師のいない状態に戻ってしまう。やはり医療だけでなく現地スタッフの教育をするべきではないか?未来に残る援助を考えるべきではないか?もともとはそんな想いから始まったのが当法人の提唱する「未来へ続くシステム」だ。医療と教育で始まったその方針も、今では、拡充され
1.政治の安定(戦争の防止。病院の破壊を防ぐ)
2.経済の発展(貧困があると、病院を維持できない)
3.教育の普及(医師を育てるには、まず義務教育から)
4.医療と公衆衛生(個人だけでなく地域全体を幸せに)
5.環境問題(人間だけでなく他の生物と環境にも配慮)
という、五つの柱のもとに活動を行っている。そして「持続可能な世界」を作るための総合的活動を実践。
【活動内容】
1.世界へ目を向ける「きっかけ」の提供
2.すべての人が、世界のためにできる「具体的方法」
3.国際協力の「コーディネート」、そして政策提言
【ボランティア募集・イベント等】
プロジェクト「未来の国際協力師たちへ」
「国際協力をやってみたいが具体的にどうしたらいいかわからない」という人と、山本が直接対談をし、アドバイスをするという企画。希望者は、事前に履歴書の提出が必要。選考あり。事前に関連書籍の読破が必要。
【問い合わせ先】
〒108-0014 東京都港区芝5-20-7-504
TEL 03-5443-8969(受付時間:月〜金、9:00〜18:00)
FAX 03-6400-5949
関連記事はこちら→Lattice2007Lattice2008







////////


Copyright (C) 2008 Lattice. All Rights Reserved.