JCF(日本チェルノブイリ連帯基金)
http://www.jca.apc.org/jcf/home.html
【団体理念・設立目的】
チェルノブイリ原発事故、被災地の子どもたちの命を救おうと、1991年設立。17年間に88回医師団を派遣し、約16億円の医薬品をベラルーシ共和国の放射能汚染地帯の病院に支援してきた。
【活動内容】
ベラルーシ共和国ゴメリ州ゴメリ州立病院・チェチェルスク地区病院・べトカ地区病院に白血病支援・甲状腺がん支援・新生児支援のための医薬品と検査機器・保育器を贈り、現地医師と共に医療の向上をめざしている。
【ボランティア募集イベント等】
医療支援活動・文化交流活動・日本国内広報活動など日常的な実務補助から、イベント企画まで個々の場での自由・自発的な活動や、スタディーツアー等を実施しています。

JIM−NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
http://www.jim-net.net/
【団体理念・設立目的】
イラクにおける小児ガン(主に白血病)医療支援の@専門性の強化、A効率性の向上、B継続性を持たせる、ということを目的に、イラクで支援活動を行うNGOや関心のある医師たちとのネットワークが作られた。
【活動内容】
●それぞれの団体が既に行っている支援の効率化、専門性を高めるための情報提供、交換を行う。
@援助実績と計画の共有化(実績の報告、役割分担)
Aイラクとの調整病院からのニーズ把握、共有化イラク関係省庁、国際機関との調整(ビザ、NGO登録、免税措置など)
Bイラク―日本の医師間での交流、情報交換
●合同でのプロジェクト
@医療の状況調査を行い援助指針をまとめる。⇒アンマン会議
A合同キャンペーンなどを行い資金調達など積極的におこなう。

がんばらないレーベル
【団体理念・設立目的】
2006年、白血病で苦しむ子どもたちの薬代と検査キット購入のために設立され、第一弾として坂田明氏のジャズアルバム「ひまわり」をプロデュース。収益は、チェルノブイリとイラクの子ども達の医薬品に使われます。
【活動内容】
2008年1月26日、第二弾アルバムとして「おむすび」を発売した。

【JCF、JIM−NET、がんばらないレーベルの問い合わせ先】
〒390-0303 長野県松本市浅間温泉2-12-12
TEL 0263-46-4218 FAX 0263-46-6229
関連記事はこちら→Lattice2008医師の本棚







////////


Copyright (C) 2008 Lattice. All Rights Reserved.