ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
【団体理念・設立目的】
中村哲医師のパキスタンでの医療活動を支援する目的で結成され、1984年より現地活動を開始した。「思想・信条にとらわれず『支えあい』の精神で一致して会を運営する」を方針として、会員はそれぞれ可能な範囲で、自ら創意工夫して自由なやり方で支援活動を行うよう呼びかけている。現在パキスタン北西辺境州・アフガニスタンに1病院と2診療所を運営し、年間約9万人(2005年度)の患者診療を行っている。
【活動内容】
医療事業としてペシャワールのPMS病院(70床)を中心に、パキスタンに1カ所、アフガニスタンに1カ所の診療所(いずれも山岳地帯)を設け活動を続けている。
事業は治療にとどまらず、現地スタッフの医療教育やリハビリテーションにも力を入れている。また、医療活動の一環としてアフガニスタン東部一帯で水源(井戸・カレーズ)確保事業を開始し、空爆下も休みなく続けてきた。2002年1月に、「緑の大地」計画を発表。これまで継続してきた、医療活動とともに、さらに潅漑用水路建設に力を尽くし、自給自足できる農村の回復によってアフガニスタンが復興されるよう長期的かつ大規模な事業を行なっている。
【ボランティア募集・イベント等】
ボランティアで2年以上活動できる男性を募集している。現在、日本人ワーカーが、パキスタンとアフガニスタンの医療、会計事務、水計画、農業などの部門で活躍している。特に男性医師、土木工事経験者、男性炊事担当者を募集している。
【問い合わせ先】
〒810−0041福岡市中央区大名1−10−25上村第二ビル603号ペシャワール会事務局
TEL 092-731-2372  FAX 092-731-2373
関連記事はこちら→Lattice2006Lattice2007Lattice2008







////////


Copyright (C) 2008 Lattice. All Rights Reserved.