セント・クリストファー・ホスピス(St Christpher’s Hospice
http://www.stchristophers.org.uk/
【団体理念・設立目的】
1967 年、近代ホスピスの第一号として創設された。創始者はシシリー・ソンダース(1918〜2005)。シシリー・ソンダースは英国リンデンロッジ出身で、オックスフォード大学入学後ナイチンゲール看護学校を経て、セント・トーマス病院で看護師として勤務する。その後33歳で医学部へ入学、医師免許を取得し、「ホスピスの中のホスピス」と呼ばれるセント・クリストファー・ホスピスを設立した。ソンダースは死に行く人の尊厳を守り、死の瞬間まで人間らしく生きることを可能にする緩和医療の先駆者で、「死の顔を変えた」とまでいわれている。
【活動内容】
医師、看護師、ソーシャルワーカー、フィジオセラピスト(痛み、呼吸苦、パニックなどの管理および患者のQ O Lを高める動作の獲得を補助する)、チャプレン(病院内での患者の話し相手と、協会での礼拝サービスを担っている)など、様々な職種の人が集まり、患者個々について病状や、信仰の状態、家族へのアプローチなど丁寧に情報を交換しながら疼痛緩和治療を行う。
【問い合わせ先 】
関連記事はこちら→Lattice2号







////////


Copyright (C) 2008 Lattice. All Rights Reserved.