クリニック・オシェルブロン、ヨハネスハウス
http://www.johanneshaus-oeschelbronn.de/
【団体理念・設立目的】
ドイツのフォルツハイム郊外のニーフェン・オシェルブロンに位置するクリニック・オシェルブロンは、アントロポゾフィー医学に基づく人智学医療を行うベッド数70床の短期入院患者用の内科病院である。隣接するヨハネスハウスは、高齢者のための養護・介護施設であり、両者とも非営利を目的とした団体・組織である。
【活動内容】
クリニック・オシェルブロンでは、ガン、胃腸や新陳代謝性の病気、心臓や循環器系の病気、リューマチや心身の病気など、全般的な内科医療を行っている。クリニックの全職員が人間存在を一つの統一体と考え、個々の病気は心魂と肉体的生命力のバランスが不均衡の状態であることによる、として、そのバランスの修復を治療の第一の目的としている。その一環として、個々の病気の程度や状態に基づき、アロパシー(逆症療法)、オイリュトミー(律動的運動療法)、音楽・彫塑・絵画といった芸術療法、理学療法を行っている。
ヨハネスハウスでは、高齢者が大自然に囲まれた贅沢な環境で豊かに予後を過ごせるよう配慮がなされており、オイリュトミーや芸術療法などを行っている。また、アルツハイマー病の高齢者の受け入れも行っている。
関連記事はこちら→Lattice2007Lattice2008





////////


Copyright (C) 2008 Lattice. All Rights Reserved.